社会福祉士の仕事ってどんなの

司法関係施設

少年院、更生保護施設、地域生活定着支援センターなどにも、新しく社会福祉士のニーズが高まってきています。
受刑者の中にはかなりの高齢者や障害者がいる中で、特に満期出所者に対してスムーズに福祉サービスにつなげる仕組みがないために、再犯率が高くなっています。これらのことから、地域生活定着支援センターに社会福祉士を配置して、刑務所から地域生活への移行を支援していこうということです。少年院などへの採用試験は法務省が行っています。
また、家庭裁判所の分野には家庭裁判所調査官が配置されていますが、そこにも社会福祉士の活躍が期待されています。児童虐待や少年犯罪において少年少女を面接を行い、今度どうように対応していくかなどを裁判官に報告したりする役割があります。