社会福祉士の仕事ってどんなの

社会福祉協議会

社会福祉協議会は、全国レベル、都道府県レベル、市町村レベルに設置されていて、地域福祉の推進にあたり在宅福祉や福祉コミュニティづくりの重要な役割と位置づけされています。社会福祉協議会で働く社会福祉士は、福祉課題を把握し、関係者との連携などの総合的な力が求められています。
また、認知症高齢者や知的障害者などの擁護事業を社会福祉士が担うことも多くなってきています。
社会福祉協議会は行政機関ではなく民間団体なので、職員は公務員ではありません。採用は、各社会福祉協議会がそれぞれ行っています。公務員試験と同等な筆記試験と、福祉に関する小論文や面接試験を行うことが多くあります。