社会福祉士の仕事ってどんなの

障害者福祉関連施設

2006年(平成18年)から始まった障害者自立支援法などに基づき、障害者福祉関連施設はさまざまな形態があります。生活指導員などが配置され、身体障害や知的障害のある人々が社会の一員として生活していくために、自立訓練や就労支援を行います。
現在は、社会福祉士の資格がなくても働くことは可能ですが、2006年の障害者自立支援法以降は、市町村において障害者相談支援事業が必須となり、相談支援を担う社会福祉士のニーズが高まってきています。
採用試験は各施設を運営する法人が行っています。