社会福祉士の仕事ってどんなの

学校

最近ではスクールソーシャルワーカーとして、小中高の学校で児童の相談に対応したり、必要に応じて児童相談所や主任児童委員などの他機関との連絡調整を行うことが増えてきています。
従来から配置されていたスクールカウンセラーとは違い、話を聞くだけではなく児童の家族を取り巻く環境にも働きかけていきます。児童が不登校や態度が落ち着かなくなるのは、児童自身の問題だけではなくて、経済的な問題や家庭内の問題が深く関わっているからです。
現状は、一人のスクールソーシャルワーカーがいくつもの学校を担当して巡回するケースが多いですが、1校に1名配置しているところもあります。
採用試験は、学校の教員採用試験と同じように教育委員会が行っています。