社会福祉士の仕事ってどんなの

児童福祉施設

児童福祉施設は、助産施設、乳児院、保育所、母子生活支援施設、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設など、さまざまな形の施設があります。
児童福祉施設には、児童指導員などが配置されていて、乳児院や児童養護施設などには、入所から退所後までを支えていくファミリーソーシャルワーカー(家庭支援専門相談員)が配置されています。
児童福祉施設が児童家庭支援センターの委託を受けて、地域の子育てなどの相談に応じていて、その中で社会福祉士をその担当職員として採用するケースが増えています。採用試験は、各施設を運営する法人ごとに行っています。