社会福祉士の仕事ってどんなの

福祉事務所

社会福祉士の勤務先で福祉事務所があります。都道府県庁、町村役場などで福祉を担当している専門職です。福祉事務所の業務は、生活保護法、児童福祉法などに定められている援護、育成、更生の措置に関する事務なので、法令に関する知識が必要とされます。
また、行政機関である福祉事務所で働くので、公務員の資格が必要となり、まずは地方公務員試験に合格しなければなりません。地方自治体によって福祉専門職として採用する場合と、一般職で採用する場合があるので、希望する自治体の採用条件を確認してください。
今、地方自治体では、社会福祉士資格者を福祉事務所に配置しようという動きがありますので、ますますニーズは高まっていくでしょう。