社会福祉士の仕事ってどんなの

社会福祉士の仕事

社会福祉士というのは、社会福祉サービスを必要としている人々が信頼し、安心して相談できる専門家です。高齢化社会の中で、その必要性は年々増加しています。
社会福祉士は、身体上もしくは精神上の障害があったり、何かの理由により日常生活を営むことに支障がある人たちへ、助言や指導を行い、福祉サービス提供者や医師、保健医療サービス提供者などとの連絡、調整などの援助を行います。
社会福祉士は、福祉事務所、社会福祉協議会、社会福祉施設、医療機関などで活躍し、最近では、社会福祉士が事務所を開業したり、民間企業で働く社会福祉士も増えてきています。今後は、教育機関や司法機関でもニーズがあると思われます。
職場によって、仕事内容や職種の呼び方も異なることがあります。

都道府県庁や町村役場などでの公的機関

地域住民のための福祉相談窓口になったり、福祉サービスの企画や実施を担当することになり、呼び名もケースワーカーやソーシャルワーカーです。

病院や医療機関

医療ソーシャルワーカーと呼ばれ、患者と家族が抱える経済的問題に関する相談に乗ったり、退院後の在宅生活のお手伝いをする。

社会福祉施設

生活相談員、生活支援員などと呼ばれる。施設で生活する高齢者や障害者の生活全般にかかわる相談援助や連絡調整を行う。

社会福祉協議会の職員

地域福祉コーディネーター、コミュニティソーシャルワーカーと呼ばれ、住民主体の地域福祉活動を推進する。

教育機関

学校(スクール)ソーシャルワーカーとして、子どもやその家族が抱える問題に
対応する。
社会福祉士資格取得者の就労先で、一番多いのが社会福祉施設です。全体の40%が社会福祉施設に勤務しています。