社会福祉士の仕事ってどんなの

社会福祉士の職場

福祉事務所

社会福祉士の勤務先で福祉事務所があります。都道府県庁、町村役場などで福祉を担当している専門職です。福祉事務所の業務は、生活保護法、児童福祉法などに定められている援護、育成、更生の措置に関する事務なので、法令に関する知識が必要とされます。 また、行政機関である福祉事務所で働くので、公務員の資格が必要となり、まずは地方公務員試験に合格しなければなりません。地方自治体によって福祉専門職として採用する場合と、一般職で採用する場合があるので、希望する自治体の採用条件を確認してください。 今、地方自治体では、社会福祉士資格者を福祉事務所に配置しようという動きがありますので、ますますニーズは高まっていくでし…

児童相談所

児童相談所は、児童福祉法に規定された組織です。都道府県や政令指定都市、中核市に設置されています。 児童福祉のための専門機関であり、児童虐待、子どもの発達や非行、不登校などに関する相談を行っています。緊急時には、子どもの安全確保のため一時保護を行うこともあります。 児童相談所で働くには、公務員試験に合格する必要があります。現在は、社会福祉士資格を有していなくても児童相談所で働くことは可能ですが、専門的知識と技術に基づいて児童の支援を行っていくためにも、社会福祉士への期待が大きくなっています。

児童福祉施設

児童福祉施設は、助産施設、乳児院、保育所、母子生活支援施設、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設など、さまざまな形の施設があります。 児童福祉施設には、児童指導員などが配置されていて、乳児院や児童養護施設などには、入所から退所後までを支えていくファミリーソーシャルワーカー(家庭支援専門相談員)が配置されています。 児童福祉施設が児童家庭支援センターの委託を受けて、地域の子育てなどの相談に応じていて、その中で社会福祉士をその担当職員として採用するケースが増えています。採用試験は、各施設を運営する法人ごとに行ってい…

学校

最近ではスクールソーシャルワーカーとして、小中高の学校で児童の相談に対応したり、必要に応じて児童相談所や主任児童委員などの他機関との連絡調整を行うことが増えてきています。 従来から配置されていたスクールカウンセラーとは違い、話を聞くだけではなく児童の家族を取り巻く環境にも働きかけていきます。児童が不登校や態度が落ち着かなくなるのは、児童自身の問題だけではなくて、経済的な問題や家庭内の問題が深く関わっているからです。 現状は、一人のスクールソーシャルワーカーがいくつもの学校を担当して巡回するケースが多いですが、1校に1名配置しているところもあります。 採用試験は、学校の教員採用試験と同じように教…

高齢者福祉関連施設

高齢者福祉関連施設はさまざまな形態があり、多くの社会福祉士が活躍しています。 特別養護老人ホームやデイサービスセンターには生活相談員が配置されていて、本人や家族の相談に応じたり、施設内のいろいろな部門や機関との連絡の調整も行います。生活相談員の資格要件として社会福祉主事が求められていますが、最近は社会福祉士に限定して採用する施設も増えてきています。 また、地域包括支援センターは、主に在宅で生活する高齢者の権利擁護や介護予防に関する業務を行っていて、社会福祉士1名を配置することが義務化となっています。 採用試験は、市町村の行政直営の場合は公務員採用試験を受ける必要があり、その他は各施設を運営する…

障害者福祉関連施設

2006年(平成18年)から始まった障害者自立支援法などに基づき、障害者福祉関連施設はさまざまな形態があります。生活指導員などが配置され、身体障害や知的障害のある人々が社会の一員として生活していくために、自立訓練や就労支援を行います。 現在は、社会福祉士の資格がなくても働くことは可能ですが、2006年の障害者自立支援法以降は、市町村において障害者相談支援事業が必須となり、相談支援を担う社会福祉士のニーズが高まってきています。 採用試験は各施設を運営する法人が行っています。

社会福祉協議会

社会福祉協議会は、全国レベル、都道府県レベル、市町村レベルに設置されていて、地域福祉の推進にあたり在宅福祉や福祉コミュニティづくりの重要な役割と位置づけされています。社会福祉協議会で働く社会福祉士は、福祉課題を把握し、関係者との連携などの総合的な力が求められています。 また、認知症高齢者や知的障害者などの擁護事業を社会福祉士が担うことも多くなってきています。 社会福祉協議会は行政機関ではなく民間団体なので、職員は公務員ではありません。採用は、各社会福祉協議会がそれぞれ行っています。公務員試験と同等な筆記試験と、福祉に関する小論文や面接試験を行うことが多くあります。  

医療機関

病院などの医療機関で、医療ソーシャルワーカーとして働く社会福祉士が増えてきています。医療ソーシャルワーカーとは、患者本人や家族の経済的な心配や悩み、職場復帰や退院後の生活に向けての相談や支援を行う専門職です。医療機関内において、医師、看護師、理学療法士、作業療法士と協力して支援を行ったり、他機関との連絡調整を行います。配置されている医療ソーシャルワーカーは、医療機関の規模によってさまざまです。 職能団体として社団法人日本医療社会事業協会があります。採用試験は、各医療法人で行っています。

司法関係施設

少年院、更生保護施設、地域生活定着支援センターなどにも、新しく社会福祉士のニーズが高まってきています。 受刑者の中にはかなりの高齢者や障害者がいる中で、特に満期出所者に対してスムーズに福祉サービスにつなげる仕組みがないために、再犯率が高くなっています。これらのことから、地域生活定着支援センターに社会福祉士を配置して、刑務所から地域生活への移行を支援していこうということです。少年院などへの採用試験は法務省が行っています。 また、家庭裁判所の分野には家庭裁判所調査官が配置されていますが、そこにも社会福祉士の活躍が期待されています。児童虐待や少年犯罪において少年少女を面接を行い、今度どうように対応し…

福祉関連企業

介護保険制度をきっかけに、福祉事業に参入する民間企業が増えている中で、社会福祉士は企業内での福祉のスペシャリストとして期待されています。 福祉関連事業には、在宅福祉サービス、福祉用具、高齢者在宅などさまざまな業種があります。自分の興味や適性によって選択しましょう。 民間企業への就職活動は社会福祉関係の就職活動を違い時期が早いです。福祉関連企業への就職を希望する場合には、早めに準備を始めましょう。